Completely Private

婚約指輪はどうする?プロポーズに必須の準備

婚約指輪を渡すのは伝統的儀式

プロポーズをするときには婚約指輪を準備しておいて渡すのが一般的でしょう。ダイヤモンドなどがあしらってあって見た目にもはっきりと美しいものを用意しておくのが通常です。これはいわば伝統的儀式の一つであり、プロポーズを経て女性が納得すると婚約が成立します。このために男性は指輪の購入で悩まなければならなくなるでしょう。どのような指輪なら気に入ってもらえるのかと何ヶ月も頭を抱えることも稀ではないのが実情です。

迷ったら仮の指輪を準備して

本当に迷ってしまって婚約指輪を買えず、プロポーズがだんだんと遅れていってしまうのは残念なことでしょう。女性側も早くプロポーズして欲しいと待っている場合がよくあります。そのときには仮の指輪を準備するのも良い方法です。指輪のサイズ変更は後からでもできる場合が多いのでそれが悩みだったらあまり深く気にせずに用意してしまいましょう。もしデザインも決められないのなら仮の指輪を用意しておいて、後で一緒に買いに行くのも良い手段です。

結婚指輪を兼ねるのも手段

婚約指輪をどうしても買えないというのがお金の問題である場合もあります。そのときにはやはり安い指輪でも良いので準備しておくというのは良い方法でしょう。しかし、思い切って打ち明けてしまって結婚指輪を兼ねて婚約指輪を購入するのも悪い考え方ではありません。女性が婚約指輪を受け取るシーンに憧れていると少し気落ちされてしまうかもしれませんが、納得してくれればそれで問題はないのです。生涯を共にすることを考えれば小さなことなので正直に話をしてみましょう。

婚約指輪とはプロポーズの際に男性が女性に贈る指輪のことを言い、ダイヤモンドなどで飾られた華やかなデザインのものが好まれます。