Completely Private

身近な人達と新しい門出を祝う。家族婚のススメ

少人数で祝うささやかな結婚式

家族や親族、あるいは本当に身近な人たちだけで祝う家族婚というスタイルが注目を集めています。本当に親しい人たちだけで、アットホームに大切な時間を過ごすことができるという点が人気の理由のようです。通常の結婚式と同じく、挙式の後に披露宴を行うという形が一般的。ゲストが少ないからこそ、ゲスト一人一人に気を配ることができるのもポイントです。ただ人数が少なく親しい人達だけを呼ぶので、単なるお食事会のようになってしまいがちなのも事実。結婚式ならではの演出も加えて、自分らしい家族婚を整えましょう。

「結婚式」の雰囲気を大切に

家族婚で気を付けたいのが、ただのお食事会にならないような工夫です。少人数だから演出は不要だと考える人も多いですが、やはりせっかくの結婚式です。新郎新婦が夫婦になるための大切なイベントだということを忘れないようにしましょう。そのためには、やはり結婚式ならではの演出を盛り込むのが大切。スピーチや両親へのメッセージ、花束の手渡しなどをうまく織り込んでいきましょう。また、少人数だからと省略しがちなウエルカムボードや料理メニューなどのアイテムも、きちんと準備すると「いつもと違う」雰囲気を出すことができます。

家族婚にはこんなメリットも

家族婚にはいろいろなメリットがあります。まずは予算。大人数を招待する結婚式よりも安く済ませることができるので、予算に余裕がない場合におすすめです。あるいは家族婚にすることで浮いた費用で、式を挙げる場所や新婚旅行に予算を回すことができるという利点もあります。更に人数が少ないので、ゲスト一人一人に丁寧なおもてなしをすることができるのもメリットの一つ。料理をその人に合わせてアレンジしたり、一人一人にメッセージを書いたりと、少人数を活かしたおもてなしができます。

家族婚の利点として、親族だけでお目当てのプランを選べることや、コストの節約につながることもあります。