Completely Private

感動ウエディングの心得!!心に残る一日を

準備を始める前の心得とは

結婚式の準備期間というのは人生で一番幸福なときです。どんなドレスを着ようか、ガーデンを使ったハウスウエディングもいいかななど夢は膨らむばかりですし、最高に素晴らしいものにしたいと準備を進める誰もが考えているでしょう。新婦が夢を抱くように、新郎にも理想の結婚式があります。もちろん、それは両家の両親にもあるでしょう。準備期間では考えが交錯し、なかなか結論が出ないことがあるでしょうが、理想を持っているのは自分だけではないという気持ちを忘れずにこの時期を存分に楽しみましょう。

シナリオはあってないようなもの

結婚式はドラマではないので、いくらシナリオを作っても感情が入り込んでくる限り、台本通りというわけにはいきません。そのため、喜びの涙で一生懸命準備したことがうまくいかなくても、それは失敗ではなく、間違いでもないでしょう。結婚式は気持ちが優先でその人らしく、その人が感動を感じられるウエディングこそが本当の意味でのパーソナルウエディングになります。心が感じられないものは印象に残らないので、完璧ではなく心に残る一日を目指しましょう。

二人で100パーセントでバランスよく

結婚式にかける予算は人それぞれですが、ゲストが心地いいのはバランスのいい式です。どこかが突出していて、どこかが下がっているのではなく、料理もおいしくて、装花も華やかで、ドレスも素敵だったとゲストに印象付けられるような結婚式にしましょう。これがもし、料理もお花も残念だったのにお色直しは三回もあったとなると不満を感じるゲストも出てくるでしょう。女性は特にすべての夢を盛り込もうとしがちですが、自分の夢と彼の夢を半分ずつ足して二人の100パーセントを実現するつもりで準備するといいですよ。

結婚式場を神奈川にすると無料フェアに参加することができます。業界でも最大級なので必ず満足できるサービスが受けられます。