Completely Private

結婚指輪の由来とは!?それぞれの指が持つ意味

結婚指輪はどこから伝わった?

結婚指輪の由来は諸説ありますが、そのうちの一つに古代ローマを起源とするものがあります。古代ローマでは約束をする時に、そのしるしとして鉄の輪を用いていました。それが結婚の誓いとしても利用されるようになり、日本でもその習慣が50年ほど前から定着しました。結婚指輪には永遠に続く愛情といった意味があります。夫婦の愛が途切れずに続くような、素敵な願いが込められているのです。また、いつも指にはめていることで相手の存在の確認にもなりますね。

結婚指輪をはめる指は決まっている?

結婚指輪は、なぜ左手の薬指にはめられるのでしょうか?由来はギリシャ神話にあると言われていて、昔のギリシャ人は心臓を感情に関わる部位であると考えていました。そして心臓と左手の薬指は、血管によって繋がっていると信じられていたようです。そのため、指輪を左手の薬指にはめることで相手の心と繋がり、より結婚という約束を強固にするといった意味を持つと解釈されています。ルールとして決まっているわけではないので、必ず左手の薬指に結婚指輪をはめる必要はないでしょう。

結婚までの指輪の扱いは?指に宿る意味

結婚するまでの婚約指輪も、基本的には左手の薬指にはめることが多いでしょう。人によっては婚約期間は右手の薬指にはめている人も見られますが、特に決まりはないです。結婚式の時は結婚指輪の交換をするので左手の薬指はあけておきましょう。式の日は婚約指輪を右手の薬指にはめておき、結婚指輪を交換する時に婚約指輪を外します。その後外した指輪を結婚指輪に重ねてはめるという流れになります。右手の薬指には精神の安定や恋愛成就、左手の薬指には愛を深めたり、願いを叶えたりといった意味合いがあるそうです。

結婚指輪は生涯身につけるものなので、ゆっくり選ぶことをおすすめします。彼女や彼氏と楽しんで選んでください。